現在、新規のお問い合わせ・ご注文は受付を停止させていただいておりますが一部商品につきましては2017年1月10日より受付を再開させていただきます。
詳しくはこちらの記事をご覧ください

携帯閲覧用ページ

食品添加物 二酸化炭素

第8版食品添加物公定書 D 成分規格・保存基準各条  より抜粋

二酸化炭素

Carbon Dioxide

炭酸ガス

CO2 分子量 44.01

Carbon dioxide [124-38-9]

含量 本品は,二酸化炭素(CO2) 99.5vol%以上を含む。

性状 本品は,無色の気体で,においがない。

確認試験

本品を水酸化カルシウム試液中に通すとき,白色の沈殿を生じる。この沈殿を分取し,酢酸(1→4)を加えると,気泡を発生しながら溶ける。

純度試験

本品の採取量は,20℃で気圧101.3kPaの容量に換算したものとする。

(1) 遊離酸 新たに煮沸し冷却した水50mlをネスラー管に入れる。内径約1mmのガス導入管をネスラー管に挿入し,その先端を管底から2mm以内の所に保持し,15分間で本品1,000mlを通した後,メチルオレンジ試液0.1mlを加えるとき,液の色は,比較液の呈する色より濃くない。比較液は,0.01mol/L塩酸1.0mlにメチルオレンジ試液0.1mlを加え,更に新たに煮沸し冷却した水50mlを加え,調製する。

(2) リン化水素,硫化水素及び還元性有機物 硝酸銀アンモニア試液25ml及びアンモニア試液3mlをネスラー管に入れ,本品1,000mlを光を避けて(1)と同様の方法で通すとき,液は,褐色を呈さない。

(3) 一酸化炭素 本品5mlをガスクロマトグラフィー用ガス計量管又は注射器中に量り,次の条件でガスクロマトグラフィーを行うとき,一酸化炭素のピーク位置にピークを認めない。

操作条件

検出器 熱伝導度検出器:0.02vol%の窒素を含む水素又はヘリウム4mlを導入したとき,記録紙上のピーク高さがフルスケールの50%以上であること

カラム充てん剤 297~500μmのガスクロマトグラフィー用ゼオライト

カラム管 内径3~4mm,長さ1~3mのガラス管又はステンレス管

カラム温度 40℃付近の一定温度

キャリヤーガス 水素又はヘリウム

流量 30~80ml/分の一定量

定量法

本品の採取には純度試験を準用する。

適当な容量のガスピペットに水酸化カリウム溶液(1→3)を入れる。次に本品100ml以上を,あらかじめ塩化ナトリウム溶液(3→10)を満たした100ml以上のガスビュレット中に正確に量り,これをガスピペットに移し,よく振り混ぜる。吸収されずに残るガスの容量が恒量になったとき,その容量を量り,V(ml)とし,次式により含量を求める。

二酸化炭素(CO2)の含量 = { 試料の採取量(ml)-V(ml) / 試料の採取量(ml) } × 100(vol%)

関連:食品添加物用の高圧ガス



医療用ガス

工業・食品・研究


最近の記事 5 件

[全部の記事を見る]