現在、新規のお問い合わせ・ご注文は受付を停止させていただいておりますが一部商品につきましては2017年1月10日より受付を再開させていただきます。
詳しくはこちらの記事をご覧ください

携帯閲覧用ページ

高圧ガスの充填圧力と温度変化について

日本国内の一般的な高圧ガスは、14.7MPa ( 150 kgf/cm2) という圧力で
充填されていますが、これは 35℃ における圧力です。

圧縮ガスは温度変化により圧力が変動しますので、
ある時点での圧力が14.7MPaに達していなかったとしても、
即、充填不足とはなりません。

高圧ガスを理想気体としたときに状態方程式から求められる、
温度と圧力の関係は数のようになります。

p-t-graph.JPG

日本では気温が35℃より低い時期がほとんどですので、
満タンのボンベでも14.7MPaよりも低くなります。
特に、気温が0℃近い冬場の屋外に置いてある場合は、
13.5MPaよりも低くなります。

このページに関する問合せ: 問い合わせ用メールアドレスを取得



医療用ガス

工業・食品・研究


最近の記事 5 件

[全部の記事を見る]