現在、新規のお問い合わせ・ご注文は受付を停止させていただいておりますが一部商品につきましては2017年1月10日より受付を再開させていただきます。
詳しくはこちらの記事をご覧ください

携帯閲覧用ページ

高圧ガス容器(ボンベ)の引取・廃棄・回収・耐圧検査

当社では不要になった高圧ガス容器(ボンベ)の回収を行っております。

回収対象としているのは、非可燃性・非毒性ガス(酸素・窒素・水素・アルゴン・ヘリウム・二酸化炭素(炭酸ガス))です。 それ以外のガス種についてはお引き取りできない場合があります。

処分費とは別に、回収に伺う際の交通費は別途かかります。持込は歓迎いたしますが、事前にご連絡が必要です。

ご依頼の際は、事前に本数・サイズを確定し、外観写真をメールに添付してお送りください。受入可否の判断をさせていただきます。

不要な高圧ガス容器引取費用

アセチレン

  • アセチレン(7kg以上) サビ・破損ないもの  1本あたり 8,000円(税別)
  • アセチレン(7kg以上) サビ・破損のあるもの 1本あたり 13,000円(税別)
  • アセチレン(7kg未満) サビ・破損ないもの  1本あたり 6,000円(税別)
  • アセチレン(7kg未満) サビ・破損のあるもの 1本あたり 10,000円(税別)
  • acetylene.JPG

アセチレン容器のサイズに関してはこちらもご参照ください: アセチレン

非可燃性・非毒性ガスの小容器(10L以下)

小容器とは内容積10L, 3.4L, 2L(1500L, 500L, 300L, 7kg, 5kg, 2.5kg)のものを指します。

大人の腰の高さぐらいかそれより小さいものとお考えください。

  • 酸素・窒素・アルゴン・ヘリウム・炭酸ガス(サビ・破損のないもの)
    1本あたり 500円(税別)
  • 酸素・窒素・アルゴン・ヘリウム・炭酸ガス(サビ・破損のあるもの)
    1本あたり 1500円(税別)
  • 上記以外(可燃性ガス、毒性ガス) 別途お見積もりいたします
  • 1500CO2.jpeg 1500Ar.jpeg 1500N2.jpeg

ただし、下記の条件を満たすものは無料で引き取りいたします。(運搬費は別途かかります)

  • 酸素・窒素・アルゴン・ヘリウム・炭酸ガス
  • 容器サイズ 10L型(又は、1500L・1.5リューベ・7kgと呼ばれるもの)
  • 容器の製造年が1990年以降であること
  • 容器の重さが14kg未満であること

容器のサイズに関してはこちらもご参照ください: ボンベの種類とサイズ

非可燃性・非毒性ガスの大容器(10Lを超えるもの)

大容器とは内容積20L, 40L, 47L(2000L, 6000L, 7000L, 30kg )などを指します。

大人の胸の高さぐらいかそれより大きいものとお考えください。

  • 酸素・窒素・アルゴン・ヘリウム・炭酸ガス(サビ・破損のないもの) 1本あたり 2,000円(税別)
  • 酸素・窒素・アルゴン・ヘリウム・炭酸ガス(サビ・破損のあるもの) 1本あたり4,000円(税別)
  • 上記以外(可燃性ガス、毒性ガス) 別途お見積もりいたします

容器のサイズに関してはこちらもご参照ください: ボンベの種類とサイズ

フロン系容器・プロパンガス容器・毒性ガス(酸化エチレン)

1本あたり 3,000円~
 (残ガスがある場合は別途ガスの処分費がかかる場合があります)

酸化エチレン+フロンガス容器

1本あたり 26,600円(運搬費別途)

消火設備用高圧ガス容器

炭酸ガスや窒素ガスを使用した消火設備に使用されている容器になります。

  • ガスが充填された状態の場合 1本あたり4500円(税別)
  • 空容器の場合 1本あたり3000円(税別)
  • 上記以外(可燃性ガス、毒性ガス) 別途お見積もりいたします

建物・ビル・立体駐車場の解体に伴う、配管からの取り外し作業なども請け負います。(1案件 9万円~)お問い合わせください。

次のような引取証明書を発行することができます。  高圧ガス容器引取証明書サンプル

海外製高圧ガス容器

  • ラジオメーター社の高圧ガス容器 1000円(税別)
  • 上記以外(可燃性ガス、毒性ガス) 別途お見積もりいたします
  • radiometer_cylinder.jpg

容器再検査(耐圧試験)

ボンベには耐圧期限があり、前回の耐圧検査実施から3年ないしは5年経過したあとのボンベは、再び耐圧検査を受け合格しないと新たに高圧ガスを充填することができません。 当社では耐圧試験の代行を行っております。

耐圧試験(容器再検査)についてはこちら

当社で対応できない地域に関しましては、各都道府県の高圧ガス団体にお問い合わせをお願いいたします。
全国の高圧ガス団体一覧


ステップ1:問い合わせメールアドレスを取得してください

次のURLにアクセスし、お問い合わせ専用メールアドレスを取得してください。お客様のメールアドレスを入力し、送信ボタンを押すと、当社から問い合わせ用メールアドレスが通知されます。

問い合わせ用メールアドレスを取得

(メールアドレス取得システム試験運用中につき、不具合が起こる可能性がございますがご了承ください)

(上記で取得できない場合は、下記がメールアドレスになります)

atmark_04.gif

ステップ2:下記の書式にしたがってメール文面を記述してください

メールでのお問い合わせの際は、下記のフォームをご利用ください。
(コピー&ペーストでメール本文に貼り付けてください)

メールのタイトルはでお願いします。

  • 一般容器とは、酸素(黒色)、炭酸ガス(緑色)、窒素ガス・ヘリウムガス・アルゴンガス(灰色)の容器です
  • 引取を希望する容器の明細を分かる範囲で詳しく記述して下さい
  • ガスの種類がわからない場合は、ボンベの色を書いて下さい
  • ガスのサイズがわからない場合は太さと高さを書いて下さい
  • 全部の本数を書いてください
  • メールにはなるべく、容器の全体の写真を添付してください
  • EOG滅菌をする際に特別な配慮が必要な場合は書いて下さい。(例:温度は40℃希望など)
  • サビの程度や、保管状態がどのようだったか、経過年数なども参考になりますのでかければ書いて下さい
  • 送料の計算のために、現在ある場所の住所を忘れずに明記してください。


医療用ガス

工業・食品・研究


最近の記事 5 件

[全部の記事を見る]