現在、新規のお問い合わせ・ご注文は受付を停止させていただいておりますが一部商品につきましては2017年1月10日より受付を再開させていただきます。
詳しくはこちらの記事をご覧ください

携帯閲覧用ページ

医療用二酸化炭素(炭酸ガス) medical carbon dioxide

第十六改正 日本薬局方より

Carbon Dioxide 炭酸ガス CO2 : 44.01 [124-38-9]

  • 本品は定量するとき, 二酸化炭素(CO2)99.5vol%以上を含む.
  • 性状 本品は室温, 大気圧下においては無色のガスで, においはない.
  • 
本品1mLは水1mLに溶け, 微酸性である.
  • 本品1000mLは温度0°C, 気圧101.3kPaで1.978gである.

確認試験

  • 
(1) 本品100mLを二酸化炭素測定用検知管に通じるとき, それぞれの検知管に定められた色調に変色する. ただし, 二 酸化炭素測定用検知管は, 測定値の上限が10%以上のものを用いる.
  • 
(2) 本品を水酸化カルシウム試液中に通じるとき, 白色の沈殿を生じる. この沈殿を分取し, 酢酸(31)を加えるとき, 泡立って溶ける.

純度試験

(1) 酸
新たに煮沸して冷却した水50mLをネスラー管に入れ, 口径約1mmのガス導入管の先端を管底から2mmに位置し, 本品1000mLを15分間で通じた後, メチルオレンジ試液0.10mLを加えるとき, 液の赤色は次の比較液より濃くない.

比較液 : 新たに煮沸して冷却した水50mLをネスラー管に入れ, メチルオレンジ試液0.10mL及び0.01mol/L塩酸 1.0mLを加える.

(2) リン化水素, 硫化水素及び有機還元性物質
2本のネスラー管A及びBにそれぞれ硝酸銀・アンモニア試液25mL及びアンモニア試液3mLを加え, A液及びB液とする. A液に本品1000mLを(1)と同様の方法で通じるとき, A液の混濁又は着色はB液のものと同じである.
(3) 一酸化炭素
本品の規定量を一酸化炭素測定用検知管に通じるとき, 一酸化炭素濃度は15ppm未満である. ただし, 通気する本品の量(mL)は, それぞれの検知管により定 められる.

定量法

適当な容量のガスピペットに水酸化カリウム溶液(1→ 2)125mLを入れる. 次に本品約100mLを水を満たした約100mLのガスビュレット中に精密に量り, これをガスピペットに移し, 5分間振り混ぜる. 吸収されずに残るガスを時々ガスビュレットに戻し, その容量を量りながらこの操作を繰り返す. 吸収されずに残るガスの容量が恒量になったとき, その容量を量りV (mL)とする. ただし, 採取量及びV は, 20°Cで気圧101.3kPaの容量に換算したものとする.

二酸化炭素(CO2)の量(mL)     =    本品の採取量(mL)    -    V (mL)

貯法

保存条件
40°C以下で保存する.
容器
耐圧密封容器.

このページに関する問合せ: 問い合わせ用メールアドレスを取得



医療用ガス

工業・食品・研究


最近の記事 5 件

[全部の記事を見る]