現在、新規のお問い合わせ・ご注文は受付を停止させていただいておりますが一部商品につきましては2017年1月10日より受付を再開させていただきます。
詳しくはこちらの記事をご覧ください

携帯閲覧用ページ

体積の単位:リューベ

当社のホームページを「リューベ」という単語で検索して
閲覧してくださる方が多いようなので、
この「リューベ」という言葉について少し解説を書いておきます。

「リューベ」というのは立方メートルのことで、体積の単位です。
1立方メートルとは縦・横・高さがすべて1mの箱の体積と同じです。

つまり
 1リューベ = 1立方メートル = 1 m3
ということです。

「立方メートル」は「立米」と書いたりします。
平面の面積を表す「平方メートル」を「平米」と書くのと同じです。
これは推測ですが、「メートル」という言葉が日本に伝わったときに、
その音に近い「米(べい)」を当てたからではないかと思います。
アメリカから来た粉である小麦を「メリケン粉」と
いったりするような感じだと思います。

1立米を「リューベ」と呼ぶのは
「立米」を"リツベイ"と呼ぶのでは呼びにくいからすこし崩して
"リューベ"になったのではないかと思います。
家の広さを表すときに「この部屋は25ヘイベイあります」と言ったりしますが、
そちらは「平米(平方メートル)」の音そのままですね。

m3ryube.png

日常的に使われる体積の単位としては"リットル (L)"がありますが、
1リットル(L)は縦・横・高さがすべて10cmの立方体の体積と同じです。
10 cm は 0.1 mですので、1 L は0.001 m3になります。
逆に言えば 1000 L で1m3ということになります。

  1 L = 0.001 m3
 あるいは
  1000 L = 1 m3

cube1L.png


Oxy8.jpgのサムネール画像左の図には酸素ボンベが大きい順に並んでいますが、
左から順に7000L, 6000L, 1500L, 500L, 300Lの
貯蔵能力がありあます。
サイズを区別して呼ぶために7000L容器、6000L容器、と
呼ばれています。
7000Lと7リューベは同じことですので、7リューベの容器、
などと呼んだりもします。

注意しなければならないのは、容器(ボンベ)の中に
液体ではなく気体が入っているときのみ、
そのように7000L容器とか7リューベの容器、とか
その容器に常温・常圧でどれぐらいの体積充てんできるかをあらわす
体積をつけて呼ぶと言うことです。

二酸化炭素や笑気ガスあるいはアセチレン・プロパンガスなどの石油系ガスは
容器の中に圧力をかけると液化してしまう性質のため、
液体の状態で入っています。
よって、これらのガスについては 2kg, 7kg, 30kgといった具合に、
液体の重さで区別し、
キログラム単位で容器のサイズを表現しています。

このページに関する問合せ: 問い合わせ用メールアドレスを取得



医療用ガス

工業・食品・研究


最近の記事 5 件

[全部の記事を見る]