[PC版]

容器の購入とレンタル及び付属品

はじめて高圧ガスを使用に際して発生する費用は主に下記のようになります。

高圧ガス容器(ボンベ)のレンタル

高圧ガスを充填するための高圧ガス容器は、レンタルまたは買取になります。一時的なご利用、短期間のご利用、ガス再充填の交換頻度が低い場合は、レンタルを選択されたほうがお得になります。

また、容器レンタルの方が、一般的に納期が短くなります。

一方で、レンタル可能な容器サイズ・ガス種でしかご提供できないというデメリットもあります。

高圧ガス容器(ボンベ)の購入

容器の買取の場合、容器代の目安は下記のようになります。(消費税別)

一般継目なし小容器(材質:鉄)

1.0L(0.15m3, 150L )
20,200円
2.0L (0.3m3, 300L)
22,200円
3.4L (0.5.m3, 500L, 2.5kg)
21,600円(細型)
25,000円(ダルマ型)
6.7L (1m3, 1000L, 5kg)
28,300円
10L (1.5m3, 1500L, 7kg)
29,400円
13.4L (2m3, 2000L, 10kg)
34,300円
20L (3m3, 3000L, 10kg)
43,800円

2014年4月時点での金額です。上記にガスを充填した場合の金額に関しては、ガスの種類によってことなりますので、お問い合わせください。

一度容器を購入した後は、次からはその容器に充填いたしますので、
容器代は必要ありません。 二回目以降は充填料のみになります。

なお、一度あるガスを充填した容器にはそれ以降、別のガスを充填することはできません。
(高圧ガス保安法により規定されています。)違うガスを充填する場合はボンベの打刻を打ち直し、 新たに申請し直す必要があります。当社ではその再申請の代行を行っております。

高圧ガス容器は、5年に1度の耐圧検査が必要になります。前回の検査より5年を経過した容器は、容器再検査を受けて合格しない限り、再充填することができません。

圧力調整器とスタンド・スパナ

高圧ガスを使用する際には、圧力調整器が必要です。 また、容器のサイズや使用環境などによっては転倒防止のためのスタンドなども必要になります。

必ず必要なもの

状況に応じて必要になるもの

関連リンク

<これより一つ新しい記事:薬事法が改正されます

これより一つ古い記事:本年もよろしくおねがいします >

Main contents

Sub contents

Recent Blog Entries